【女性の本音と建て前】女性は平気で嘘をつく生き物だけど見抜いてしまった時にはどうするべきなのだろうか?

日常レベルで言えば、女性は男性に比べて嘘が多いです。

これは多分、人種とか年齢を問わないものだと思います。

「そういう生き物」なのです。

こんなことを言うと怒られますが、ただの事実ですね。

ただし、女性は”それ”を嘘だとは思っていない場合もあります。

また自覚しているにもかかわらず、認めない傾向も見られます。

そもそも嘘であって、嘘ではないのです。

女性との人間関係、特に男女関係を深めるためには

「女性特有の本音と建て前」

というものを、理解しておくことが不可欠です。

「八方美人」という言葉は、”どこにも欠点のない美人”という意味でした。

今となっては、”誰にでもいい顔をする人”を指します。

とはいえ、”美人”というのは女性のための言葉なのです。

男性が素直すぎるのかもしれない・・・

「あんなに思わせぶりだったのに!」

自分は”いい感じ”だと思っていた女性に実は彼氏がいた

という事態は、珍しくはないことです。

別に、彼氏がいても他人に”いい顔”はします。

がっかりするのは仕方がありませんが、イチイチ怒りが沸く男性というのはモテませんね。

フォローするのであれば、やはり男性というのは女性に比べて純粋であると言えます。

つまり「女性は嘘をつく」のではなく、「男性が騙され過ぎ」と考えることもできるのです。

そこまで思わせぶりにしたつもりはない

のに、

勝手に気持ちよくなってた

彼女達にとっては、ただただ「勘違いをした男が悪い」で終わる話です。

「嘘じゃなくて私は本当にそう思ってた」

というのも、女性によくある言い訳です。

こういったことを、当たり前のように許容していくことが必要なのです。

いちいちネチネチ突っ込んでくる男性

嘘はなかったことにしてくれる男性

どちらがいいのか、都合がいいのか、気分が悪くならないかは明白です。

そして、「自分にとって都合がいい男性」を好きになるのは当然のことなのです。

女性の話を適当に受け流して真に受けない男性

こういったカップルというのは、意外と長続きします。

悲しいような気もしますが、そんなもんです。

性欲に負けないメンタルを持とう

男性に比べて、女性の方が”生きること”に長けています。

「自分のために他人を利用する」

ということに関しても、男性よりも女性の方が平気でこなしている気がします。

自分がよりよい生活をするために

簡単にお金を手にするために

そのためには、お金を持っている男性を転がすことが手っ取り早い方法であり・・・

もちろん、それには嘘も付属します。

しかし、それは嘘をついているのではなく”生き抜いている”に過ぎません。

男性を”糧”としているだけなのです。

本能を満たすためにあえて冷静になる

なんでそんな簡単にハメられちゃうんだろう?

というケースは、日本中のキャバクラで起きています。

「どうしようもない子だなー」

とつい思ってしまうような子が、「大きな会社で働いている偉いおじさん」からガッツリ金を巻き上げている例はいくらでもあります。

見方を変えれば・・・

そんな偉い立場にいる人でも、若いバカな女にあっさり転がされるのです。

そもそもそこ(夜のお店)は”そういう場所”と分かっているはずなのに・・・狂う。

いい大学を出て

いい会社に入って

管理職になるような人間が、くるくるパーの女性にいいように使われます。

驚くべきことに、最終的に”傷ついてしまう”ことも多いのです。

「性欲」というのは、おそろしいものです。

「モテたい」という気持ちは、間違いなく性欲が素になって発生しています。

性欲のために行動するのであれば、性欲に振り回されてはダメです。

性欲を満たすための行動に伴う興奮や期待は、冷静さを失わせます。

「俺は今おかしくなってるな」

ということを自覚できるようになれば、女性に簡単に振り回されるリスクが減ります。

「女の嘘」について深く考えないこと

イチイチ傷つかないこと

嘘に気づいても気にしないこと

気づかないふりをすること・・・

人を疑うのはつらいですね。

特に恋人や、一生一緒に過ごす可能性のあるパートナーならなおさらです。

お互いに正直になりたいものです。

しかし、そうじゃなくても、そうじゃない方がうまく行くものです。

「嘘ついてんなー」

「嘘つかれてるなー」

それが軽いものであれば、実害がないなら見逃しておきましょう。

もちろん、それが”まだ深い関係ではない”時期こそ。

「イチイチ突っ込んでくる異性」と深い関係にはなろうとしないものです。