どうしようもない手の施しようのないブサイクな男性がモテるためにはどうすればいいのか?

まずは、当たり前の、ありきたりなことから。

「できること」はやりましょう。

清潔感を持つ。

不潔だと思われない程度に・・・ではなく、徹底的に清潔に。

痩せる。

骨格を変えることはできなくても、ぜい肉は落とせるはず。

劣っているものが明確に分かっていて、それが圧倒的に不利なのであれば、他の要素で徹底的にカヴァーするのは必須です。

加えて、やはりどうしても「内面」と呼ばれるものを磨くしかないですね。

優しい

面白い

「いい人」か「楽しい人」を目指しましょう。

実際には役に立たないことも多い”なかみ”と呼ばれるものも、悪いよりはいい方がいいです。

あとは「付加価値」が必要です。

「お金」とかですね。

それはもう、仕方ないことです。

「ブサイクを補う何か」を装備することは、必須です。

ここまでは、”普通のアドバイス”になってしまいました。

ここからは、”そこまでブサイクであることを悲観する必要はない”という話になります。

「見た目以外」が評価される舞台で勝負する

よく言われることですが、

女性は真剣であるほど見た目は気にしない

ということです。

もちろん、ブサイクよりもイケメンであることに越したことはありません。

ただし、いい歳になったら、単なる見た目よりも”他の部分”の優先度が高くなります。

年収とか、将来性とか、包容力とかですね。

見た目のポイント配分が高いのは若い時であり、どんどん下がっていきます。

「彼氏」はかっこいい方がいいけど、配偶者は見た目より金・・・実用性だよ。

と、打算的になるのが一般的です。

これは、女性に限ったことでもありません。

愛人は美人だけど、本妻はそうでもない、という男性の例は多いです。

若い時期に遊んだり、連れ歩く異性は、「アクセサリー」としての一面もあります。

つまり、

見た目を重視しがちな若い子を狙うのではなく

見た目の優先度が下がったころ合いの女性に好かれる努力をすべきです。

もちろん、それ以外の要素を鍛える必要がありますが・・・

また、若い子を完全に諦める必要もありません。

”若い子を除外した結果”として、若い子に好かれることもあります。

「大人な雰囲気」や「落ち着き」のある男性が好き、という若い女性ももちろんいます。

加齢臭が香水になってしまうような、雰囲気を身に付けましょう。

【モテそうな雰囲気を出す方法】さえないファミレスの店長でも簡単にバイトを食える理由

いずれは必ず必要になる「見た目以外の魅力」

男女に関わらず、見た目の影響力が大きいのは若い時期です。

そもそも”見た目がいい”という要素は、若い時期の優位性そのものです。

”見た目”というのは、必ず劣化していきます。

徐々に「いけているオヤジ」を目指す男性もいます。

もちろん、オヤジもいけている方がいいでしょう。

しかし、「着実に劣化していく美」を保つためのコストは、年々上昇していきます。

歳をとった後には、見た目以外の魅力を持っていることが必須なのです。

ブサイクであること、見た目以外の要素で勝負することを決めたということは、早めの対応ができるメリットと考えることができます。

前向きに、頑張っていきましょう。

”気を抜いていない感”で雰囲気を出していく

実際にはそんなに美人でもないけど、なんとなく見た目も評価されている「雰囲気美人」といった女性は珍しくありません。

そういった女性というのは、若い時期には評価されず、ちょっと歳を重ねてからブレイクするものです。

よく見たら、ブスです。

”雰囲気”でごまかして、雰囲気で納得させているのです。

雰囲気美人に共通することが、”なぜか自信がありそうな雰囲気”です。

それを目指しましょう。

よく見たらブサイクなのに、なぜこんなに自信があるの?

と、思われるようなレベルになりましょう。

雰囲気を身にまとうこと、加えて”努力している感”を出しましょう。

気を使っている、ということです。

ブサイクだからと言って、手を抜いてません。感です。

プラスよりも、マイナスを減らすイメージです。

ブサイクなのに歳をとってからも見た目に気を使っている

というのは、”諦めない男感”が出ます。

顔の造形はどうにもならなくても、首から下の体は変えることができます。

痩せる

筋肉をつける

ある程度は、しっかり鍛えた体を手に入れましょう。

「ぽっこりお腹が好き」という女性もいるようですが、それは”あと”にとっておきましょう。

鍛えるよりも、太る方が簡単で、取返しがつかないことになるからです。

どうしようもないことは気にしない

けっこう、いろいろできることはあります。

できるだけのことはやりましょう。

とはいえ、

なんだかん言って、”ブサイクであることを気にしない”ということが一番大切です。

少なくとも、気にしている素振りを見せない。

卑屈な人間は、モテません。

ブサイクだからこそ、胸を張りましょう。

ジャニ〇ズのファンの女性が、ブサイクな男性と付き合っていることも珍しくありません。

そういったカップルに遭遇したら、「どうして?」と考える癖をつけましょう。

そのブサイクな男は、何かを持っています。