【好みの女性の理想の男性】気になる女性の「好きなタイプの男性」は早めにうまく聞き出して把握しておくべき

気になる女性に振り向いてもらいたい・・・

そのために一番簡単な方法は、「相手の好みの男性」になることです。

とても単純ですね。

異論はないかと思います。

そして、それができたら苦労はないと。

しかしながら、どう考えても一番の近道はそれなんです。

自分の魅力をアピールして、自分を好きになってもう、というのことも1つの方法です。

また、「俺が変えてやるよ」という方には必要ないかもしれません。

ただし、あなたの魅力が相手に刺さるとは限りません。

ひたむきに、かたくなにアピールを継続するのもいいかもしれません。

しかしながら、自分を変えるのと、相手に変わってもらうのでは、やはり自分が変わる方がスピード感があります。

もちろん、

絶対に曲げたくない!

俺は俺だ!

という方もいると思いますが、あくまで表面上です。

”性格”と呼ばれるものは”人に見られてなんぼ”のものであり、所詮は表面上の要素に過ぎません。

変わる必要はありません。

変わった姿をアピールできればいいのです。

その中で、「本当に変えた方がいいかもな」という部分もあるでしょう。

その場合には、本当に変えてしまう努力をするのもいいと思います。

少なくとも、1人の女性の好みに合致する要素なわけです。

損はないはずです。

どうすれば相手の好みを知ることができるのか?

相手の好みに合わせるためには、まずは相手の「好みのタイプ」を知る必要があります。

それを察するのも、モテるために必要なことです。

ただ、「早く知りてぇ」とすでにいきり立ってしまっている方もいると思います。

それなのであれば、直接聞いてみましょう。

最近では、「直接聞かずに引き出すテクニック」等が注目されていますが、だからこそ逆に直球で聞いてしまった方が早いです。

探っていると、けっこう気持ち悪い印象を与えてしまう場合があります。

そもそも、どうせバレてます。

どうせバレてるなら、小細工ナシの方が印象もいいです。

更に、直接聞くことによって「ああ、この人私のこと好きなのかな」と思われるはずです。

「完全にバレちゃうってことじゃん!」と焦る必要もありません。

人間は男女問わず、「自分のことを好きになってくれる人」を好きになる傾向があります。

あなたに落ち度(嫌われているとか)がないのであれば、メリットの方が多いです。

特に”お近づきになりたい”と思っているのであれば、なおさらのことです。

そういったことをさりげなく伝えるためにも、早めに聞いちゃった方がいいです。

どうしても好意がバレたくないのであれば、”他の女性もいる状況で全員に聞く”のもありですね。

また、「どういう男性がモテると思うか」と言い方をを変えてみてもいいと思います。

自分の主観、理想を口にするはずなので。

もっと変化球を使うなら、「どういう男性が苦手なのか?」という逆の聞き方もできますね。

しかし、それも難しい場合・・・

異性関係の話をすること自体恥ずかしい、と。

どうしても悟られないようにしたい、と。

そういった方のために、相手の好みを探るためのポイントをいくつかピックアップします。

過去の事実は明確な答え

一番わかりやすいのは、「元カレ」のタイプから導き出すことです。

付き合うまでの経緯が分かればなおよし。

  • 自分からいっのたか
  • 相手からを待っていたか
  • 好みじゃなくても押されれば崩れるのか
  • 絶対に好みはゆずらないのか

過去に起きたことは、最も参考になるものです。

ただし、周囲から聞き出そうとすると必ず本人に伝わります。

けっこう難しいですよ。

現実に関係ない「本当の理想」が分かりやすい例

「好きな芸能人」を聞くのも鉄板です。

ざっくりと、

  • ジ○ニーズ系であれば、メンクイ。
  • エグ○イル系であれば、オラオラ系。
  • 年配の俳優等であれば、雰囲気先行。
  • お笑い芸人であれば、おもしろい人。

という仮定を立てることができます。

自分より若いのか、年上なのか、関係ないのか。

顔や身長は関係ないのか、おしゃべりがいいのか、寡黙な人がいいのか。

リリ○フランキーとか、劇団俳優系の人とかだと、ちょっとめんどくさい女性だなーとか。

単純なことですが、思っている以上に指標になる要素です。

その女性がダメでも、次にいかせますよ。

また、これは元カレの男性像からも導き出せる要素です。

組み合わせれば、よりプロファイリングがはかどるでしょう。

何か取柄を見つけてそれが好きな女性を見つけよう

結局は、「自分のような人間が好きな女性」にアプローチするのが一番楽です。

もちろん、何も魅力がなれけば特別に好かれるわけがありません。

中には「何も魅力のない男性が好きです」という女性もいるかもしれません。

そんな屁理屈を言っていても仕方がないので、とにかく何等かの魅力を手に入れましょう。

「世の中の女性が好きそうなタイプの1つ」には、なれるはずです。