【人妻や友達の彼女を好きになってしまった】どうしてもあきらめることができない場合はどうすればいい?

あきらめましょう。

他人の人生を壊してしまうような人は、モテから遠くなります。

現実の世界では、

そんなの関係ねぇ!

という感覚の人の方が、いい思いをしていることも多いでしょう。

「モテる人間はよりモテる」

という有名な理論は、本当のことだったりします。

つまり、

彼女(妻)がいる人というのは、モテやすいということ。

即ち、

「不倫」や「浮気」という現象は、起こるべくして起きているのです。

そして、なくならないものでもあります。

生物としては、それは正しい行為でもあるからです。

この辺の話になってしまうと、ちょっと論点がずれてしまうため保留しますが、いわゆる”浮気”というものは、それをやってしまうこと自体は何も不思議なことではないのです。

ありきたりですが、「多くの子孫を残すため」ということなのでしょう。

しかしながら・・・

この記事のタイトルとなっている問題に関しては、

自分の好きになった人はすでに人のもの(怒られる言い方ですね)であり

尚且つ自分に振り向いてもらいたい

ということになります。

つまり、もしうまくいったとしたら・・・

不倫や浮気をするのはその相手になる

ということです。

これが逆の問題で、

彼女や妻がいるけど別の人を好きになってしまった

という場合には・・・

よくないですよ。

でも、自己責任で頑張る人もいますね。

やめといた方がいいですが、自分で考えて行動しましょう

で済んでしまう話になります。

しかし、ここでの問題は”悪いことをするのは相手”ということなのです。

「すでに男がいる女を好きになってしまった」

というのは、仕方がないことでしょう。

「それをどうしても手に入れたい」

と思ってしまうのも、また仕方がないことなのかもしれません。

しかし、”実際にそうなる”ことは話が別です。

この記事は全て当たり前のことで構成されていますが、一度文字として理論として確認して、冷静になってみて欲しいと思います。

もちろん、冷静になった後の行動は自分次第です。

これは男女共に、当てはまる問題でもあります。

<あきらめる>か<準備>しておくか

多くの方がお分かりと思いますが・・・

結論としては、

  • あきらめる
  • あきらめない

2つしかありませんね。

おすすめは、あきらめることです。

基本的に、機会損失なので。

実現する可能性が低いことをずっと考えてモヤモヤするのは、建設的ではありません。

ありきたりですが、「他にいくらでも女はいる」とでも考えましょう。

しかし、それでもあきらめきれないのだからこそ、インターネットで検索しているはず。

あきらめきれないのであれば、今できることは<準備>だけです。

”別れた時のため”に。

もちろん、別れるとは限りません。

1人の男が「自分のものにしたい!」と思うくらいだから、魅力的ないい女なのでしょう。

なかなか手放さないと思いますよ。

3組に1人は離婚する時代

みたいなことを希望にするのも、効率的とは言えません。

実る可能性が低いと分かっている努力を続けるのは・・・どうなんでしょうか。

妄想して楽しんじゃおう

冗談ではなく、1つの選択肢です。

NTR

寝取られ

流行ってますね。

ただ、あればアダ○トビデオの中だけの世界です。

現実世界では、なかなか難しいでしょう。

妄想して、発散してしまうのも効果的です。

早めに満足して、次に進みましょう。

余計に欲してしまう反動があることもありますが・・・

<略奪>しちゃう

繰り返し否定していることになりますが・・・

強奪する

という選択肢もあります。

いわゆる「略奪」というヤツですね。

もちろん、普通のモテよりもはるかにハードルが高い行為です。

しかも、この略奪がうまくいくのは

女性が人の男をとる

というケースがほとんどです。

男にとっては、特に難しいものです。

それでもやりたいなら・・・自分の人生は自己責任で。

その際に考えるべきことは、やはり”リスク”です。

もし成功したとしても、その先には「法律」や「恨み」といったものが立ちはだかります。

親友の妻

親友の彼女

といった場合には、トラブルも大きなものとなるでしょう。

”ハッピーエンド”を迎えるのは、難しいです。

そもそも、道理に外れているので。

最初からうまくいかないと思っていることを、やりますか?

法律や制度というものは、心意気で突破できるものではありません。

もちろん、「一夫多妻制」といったものができれば話は別です。

法律とモラルというのは、矛盾することもあれば、何も問題ないこともあります。

とりあえず<レベルアップ>しておくしかない

ここまで、ネチネチと当たり前のことを列挙してきました。

<自分のものにする>ためにできることは、いろいろあるかもしれません。

相手を別れさせるために、罠をしかける手段もあります。

パートナーを嫌いにさせるためのネガティブキャンペーン・・・

強制的に別れさせる方法は、まあいろいろあるでしょう。

しかし、それは相手の女性を一時的にでも傷つけることにもなります。

いずれにしても、かなり姑息ですね。

前向きにできることというのは、”より魅力的になる”ということだけなのです。