【”男らしさ”とは】「弱そうな人が好き」という女性は基本的には存在しないからせめて見た目だけでも男らしく

男らしさとは、「坊主」と「筋肉」です。

結局は。

これは、決して冗談ではありません。

額面通りに受け取ってもいいですし、これらが”象徴”するものであるとも言えます。

真実とは、いつもとてもシンプルです。

坊主と筋肉

文字とか発音だけで、もう男らしくありませんか?

「本当に男らしい男」というイメージを想像した際、

髪が短い

筋肉質

そんな男が、そこに必ずいるはずです。

それが、全てなんですよ。

時代に合わない考えではありますが、これらというのは「女性性」とは対極的な要素です。

つまり、そういうことです。

オンナと間違わないルックスこそが、オトコらしさなのです。

モテる男に近づくためにできる一番単純な方法

今回は、あくまで「ルックス」だけに関するお話になってしまいますが、見た目で選んでいる人、見た目で判断をする人は少なくはありません。

男性が女性を選ぶ際にも、見た目というのは非常に大きな要素であるはずです。

美しくしなやかな髪の女性と、ボウズの女性。

初対面で好印象を抱くのは、どう考えても前者です。

バストがふくよかで柔らかそうな体の女性と、スリムで筋肉質な女性。

これは好みが分かれそうですが、前者に好印象を持つ方が動物的ですね。

強そうな男性が好き

弱そうな男性が好き

どちらの女性が多いかといえば、これもやはり前者です。

両極端に考えると、自ずと答えが導き出されるはずです。

モテたいのであれば、男らしくあること。

これは基本ですね。

そのためにボウズになったり、筋肉を鍛えるのは超効率的手段と言えます。

そもそも、

坊主

筋肉

これらには、とても単純な”一定の需要”があります。

坊主が好きな女性

筋肉が好きな女性

というのは、一定数います。

これらはそれそのものがポジティブな要素です。

それと同時に、他のネガティブな要素を消してくれるものでもあります。

坊主のチビ。

小さいキン肉マン。

普通の人よりも、彼女がいる確率が高い気がしませんか?

筋肉坊主なら、最高ですね。

モテたいと考えるのであれば、これらを搭載するのは立派な1つの手段です。

みんな、なんとなくわかっていたことだと思います。

試してみる価値はあります。

チビこそ、ボウズにするべきなのです。

”原始的なモテ”は健康的

男女関係の話というのは、どうしても時代錯誤な内容になってしまいます。

しかしながら、そもそも違う生き物なのです。

だからこそ、極端に考えた方が分かりやすくなります。

強い男

頭がいい男

金を持っている男

というのは、そうでない人よりモテます。

これは時代に関係なく当たり前の話ですが。

もちろん、人間なので「性格」や「モラル」といったことも影響するでしょう。

そういった難しいことを考えずにモテたいのであれば、とりあえず筋肉坊主にしましょう。

見た目だけでも、とりあえず男らしくなってしまえばいいのです。

より原始的な考えというのは、むしろ健康的でもあります。

世の中には、「私が養いたい系」の女性というのが存在します。

【「母性本能」はどのくらいくすぐるべきなのか?】精神年齢が低い幼稚な男性がモテる理由-「ダメな男が好きな女」を利用する限度-

そもそも、生物として間違った考えです。

ある意味では、人間らしいとも言えます。

そういった女性を狙うというのも1つの手ですが、ハッピーエンドはないでしょう。

せこいことを考えている男というのも、なかなか気持ち悪いものです。

何も考えず、筋トレしましょう。