【「タダマン」と「美人局」の見分け方】”ネトナンでワンナイト”に挑む男性が一番注意すべき「マッチングサイト詐欺」とは

「モテたい!」という気持ちの程度や価値観は、人によって異なるものです。

基本的には、

真剣にお付き合いする彼女を見つけたい

気になる女性に認められたい

多くの女性から見て魅力的な男性になりたい

といった願望が中心となることと思われますが・・・

場合によっては、

「ヤりたい」

といった不純な、言い方を変えれは”健康的な”思いが根本にある人がいます。

インターネットでモテ情報を漁っている男性は、特にこの傾向が強いはずです。

とにかく「ワンチャン」が欲しい、ワンチャンを積み重ねたい・・・

”いかにワンチャンするか”ということを、日々熱心に研究している人も珍しくありません。

また、生まれた時から性欲が強すぎるために常に異性を求めてしまう人間もいます。

理由はそれぞれであり、何を生きがいにするかは人の勝手です。

しかしながら、その熱い気持ちが原因でトラブルに発展してしまうケースもあります。

「ネットで出会う」という男女は確実に増えている

ワンチャンを求める人が設定する「ゴール」をあえて言語化すると・・・

お金を払わないで性交に成功する

というものになるはずです。

「ワンナイト」等とおしゃれに言われることもありますが、

結局のところ、いわゆる「タダマン」であり・・・

このタダマンこそが、あらゆるモテ理論の目的であることは否定できないはずです。

タダマンを目的として活発に活躍されている人達は、いわゆる「ナンパ師」と呼ばれ

  • ストリート
  • ネット

と、様々な場所でご活躍されているようです。

そして、その活躍の場の1つとして「出会い系」があります。

この出会い系の類というのは、昔からワンチャンを求める男性が利用するものでした。

昨今では路上での声がけも難しいことから”メイン”として使っている方が増え、各種SNSと合わせて「ネトナン」の舞台となっています。

また各種出会い系サイトは「マッチングサイト(アプリ)」という呼ばれ方をされるようになり、オシャレでポップな名称になったことから女性利用者も増え、ネトナン目的の男性にとってますます欠かせないツールとなっています。

「お金を払わないで」いい思いをしたい気持ちが招くもの

ひと昔前の出会い系サイトというのは、
「金銭の授受を伴う関係」を目的として利用する男女が多いことが実態でした。

そもそも出会い系サイトというのは、「テレクラ」という施設の延長線上にありました。

昨今では、運営会社によるコンプライアンスの強化といったことから
”いかがわしさ”が排除されていますが、そもそもまともな人は使わないものだったのです。

もちろん、男女ともに「遊び相手」や「寂しさを埋める」ことを目的とし
その結果として、「まともなワンチャン」も存在しました。

しかしながら、昨今では「ネットナンパ必勝法」といったものを試す場として利用している男性が多く、その分様々な”トラップ”が増えています。

”出会い”の手段にアクセスすることが容易になったということは、
「出会いを求める人間をカモにする人(組織)」も増えたということです。

男女の出会いが絡んだ事件では、「ロマンス詐欺」といったものが話題になりますが
基本的には、被害者の割合というのは男性が圧倒的に高いものです。

そして、その手口は日に日に巧妙なものとなっています。

タダマンにがっついている男性が注意しなければならないこと

ネットナンパにおいて(もちろんストリートナンパにおいても)
注意すべき最大のトラップが、「美人局(つつもたせ)」です。

美人局のざっくりとしたイメージとしては、

「やったー!うまくいったー!!きもちいいー!!!」

となった後に、

怖いお兄さんがホテルに乱入してきて、

「俺の女になにしやがる!」

「この子は親分の女だよ」

といったフレーズで脅し、最終的にお金を要求されるというものです。

そんな話、本当にあるの?

よっぱど運が悪い人でしょ?

と考える人もいると思いますが、実際にあります。

「当日ではなく後日脅される」といったものも含めれば、意外と起きている事件です。

美人局が起きる過程においては「この子はいけるぞ!」という焦りや期待を必ず経験するものであり、その興奮を利用した罠になります。

そもそも、タダマンを狙う全ての男性が警戒しなければならないトラブルなのです。

更に、昨今の美人局は

最中(事後)に怖いお兄さんが乱入してくる

という単純なものだけではなく、より巧妙で残念なことになるものが増えています。

もっと残念な「マッチングアプリ×ぼったくりバー」という組み合わせ

マッチングアプリにかかわるトラブルで、最近のトレンドともいえるものが

マッチングアプリ×ぼったくりバー

です。

現代の「マッチングアプリ詐欺」の典型的な例と言えます。

内容としては、

マッチングアプリで出会った女性にぼったくりバーに連れていかれる

ぼったくられる

お金だけなくなってさようなら・・・

というものです。

多くの場合、支払いをごねると怖いお兄さんが出てくることになります。

その金額や”取り方”は様々ですが、従来の「1杯10万」といったあからさまなものでなく

  • 1杯3000円のテキーラを50杯で15万(盛り上がるといっちゃう可能性がある)
  • チャージ(席料)1人5000円で1時間ごとに加算
  • サービス料30%
  • 週末特別料金50%増し

といった、”いいわけできる内容”にしていることが特徴的です。

何より悲しいのは、ワンチャンできる可能性がある従来の美人局と違い

「ヤる前にヤられる」

ということです。

何も残りません。

結果的に、より残酷な結末と言えます。

マッチング詐欺を防ぐ方法

マッチング詐欺にあった経験というのは、その後に生きるものです。

学ぶことも多いです。

とはいえ、可能であれば避けたいものです。

あらゆる罠が想定される世界ですが、ここで基礎的な回避方法を共有しておきます。

「ヤバい女」を見分けるための基準としても使えるはずです。

”ぼったくり”という最悪のケースを想定することで、「女性のしぐさ」といったものを細かく、さりげなく観察する習慣にもつながるはずです。

まずは”危うき”に近づかない

こうした被害にあわない最大の秘訣は、「ヤバそうな女」を避けることです。

基本的に、マッチング詐欺(美人局)というのは店ぐるみ(男女の協力)でやっています。

大きな組織、個人プレーの場合にかかわらず、嵌める人とクロージングする人がいます。

ぼったくりの場合には、カモを連れてきた女性に対して
ぼったくった価格の数%が入る仕組みになっていることが多いです。

また悪い男性に飼われている女性が、その男のために頑張っていることもあります。

各種サイト(アプリ)名×地域で検索すれば、「詐欺」や「パネマジ」や「地雷」といった情報が共有されています。

よっぱどヤバい女性しかヒットしないと思いますが・・・

ぼったくりに誘導する女性は、それを仕事としてやっていることが多く(普段はそのお店で従業員をしていることも)、毎日のようにターゲットを漁っているものです。

インターネットには、インターネットで対抗しましょう。

更に、「最初から場所を指定してくる女性には注意」です。

特に、ぼったくりバーに連れていかれていくケースは「駅の改札で集合」というものが多いようです。

駅の改札で集合するということは、そこから「どこいこっかー」となるケースが多く、「クロージングする店」に誘導しやすいのです。

また、ぼったくりの舞台は東京で言えば歌舞伎町や新橋といった繁華街が中心となっていますが、意外な地域で起こる等場所は問わない傾向も見られます。

「ここだから大丈夫」ということはありません。

主導権を持たせない

これは鉄則ですが、相手に合わせ過ぎないことです。

「行ってみたいお店がある」

というのは、とても分かりやすい例です。

日常的にぼったくりをやっている女性は、必ず”動線”を持っています。

タダマンを狙っているのであれば、食事~飲み~ホテルといった流れはガッチリ決めておきましょう。

そもそも「こっちのペース」にすることが大前提なのに、女性側に合わせるとロクなことがありません。

世の中には、お財布(ATM)を探すために出会い系をやっている女性もいます。

いわゆるパパ活ですね。

ぼったくりなのか、お財布にされたのかは、金額の程度に違いにすぎません。

お金の話よりも、ワンチャンできたのか、できなかったのかが大切なはずです。

初回で自分のバックボーンを話し過ぎない

大きな会社に勤めている人は、特に注意すべきです。

「〇〇で働いています」というのは、早い段階で話すべきではありません。

有名企業で働いていることを、1つの強みとしてモテに励み
結果を出している人もいるようですが、痛い目に合うリスクも高まることを知りましょう。

「ステータス」というのは、場合によっては”弱み”になります。

そもそも、相手からすれば「お金払えないなら会社の連絡します」ということが可能になります。

内緒にしているのも変かもしれませんが、早い段階であまりに内容を突っ込んでくる女性は要注意です。

お店の情報を得る

これが、一番鉄板で確実な方法です。

知らないお店に行くときは、情報を確認しましょう。

できれば入店前、入ってしまってからでも、飲む前にシステムの確認をしましょう。

まず、目に見える場所にシステム表(メニュー)がない時点でおかしいです。

怪しいと思ったら、店員さんに確認しましょう。

明確な数字が出てこなければ、アウトです。

女性の前でそういったことを確認するのは恥ずかしいかもしれません。

その場合にも、さりげなくスマホで店名を確認しましょう。

このご時世で何も情報が出てこないお店は、ほぼブラックと考えましょう。

そもそも、ぼったくられる前に去ればいいのです。

そんな女なんか置いていって、忘れましょう。

一方で、「酔っぱらっていて記憶があいまい」という被害者が非常に多い・・・

こんな簡単なこともできないから、ぼったくられるのです。

最初から最後までおどおどしないがっつかない

相手方が脅迫やぼったくりをする目的は「お金」です。

獲れる奴から獲る、というのが鉄則です。

女性と遊ぶときに、「お金を持っていませんアピール」はできません。

また、相手は「出会い系やってる男なんか」という気持ちを持っています。

「ガツガツしてんなー」と思われないこと。

鼻息荒く、鼻の下を伸ばしているのは論外です。

女性と出会った時点で、「こいついけるな」と思われないことがとても大切です。

であるのであれば、「堂々とした引かない男性」という印象を与えましょう。

「女漁り」という恥ずかしいことをしているからこそ、胸を張りましょう。

万が一ですが、ぼったくりからワンチャンに発展する可能性もあります。

「インターネット」なんてそんなもの

金銭の授受があれば、誰でも”サービス”を受けることができます。

「モテの証」として、タダマンが目的となるのです。

とにかくワンチャンの数を増やしたい・・・

そのためには、今の時代にネットは欠かせません。

一般的な生活を送りながらハーレムを作れる人というのは、相当な人です。

日々ネトナンのためのツールが増えていく中で、ワンチャンがより簡単なものになったと錯覚してしまう人も多いはずです。

しかし「獲物が増えている」と考える人は、自分が”カモ”になる可能性があることを想像してみてください。

マッチングアプリ等では、相変わらず「金銭の授受」を目的としたやりとりがあります。

「ネットでタダマン」というのは、実はけっこう貴重で稀なことです。

簡単にいくと思わないこと。

「ネットでの出会い」に期待しないこと。

出会い系サイトを利用する女性を、そもそも信用する方がおかしいのです。

現実の世界で会ってからも、いちいち期待して興奮しないこと。

美人局は美人局の格好をして現れません。

短い時間で見極める能力を身に付けましょう。