【話をしている相手に好意を抱かせる裏技】誰でも簡単にできてどうしても好かれてしまう超単純な会話術

いくら”面食い”だとしても、

なんだかんだ言って、

いい年になったら、

一目惚れ即「僕とお付き合いしてください」

みたいなケースは少なくなるはずです。

もともと、そういったケースは稀かもしれませんが。

もしかしたら、そういった”手口”を使っている方もいるかもしれませんね。

ただし、基本的には、思春期を過ぎれば男女ともに段々と慎重になっていくはずです。

とはいえ、男女が親密になるために欠かせないものが<会話>です。

「なんとかしたい!」という相手がいる場合には、とにかく”おはなし”できる機会を設けることが先決です。

で、何を話すのか。

自分の魅力を伝える、自分と一緒にいるメリットをプレゼンする、感じてもらう。

のは当然ですが・・・

ここぞとばかりに自分のことばかり喋るのは、当然NGです。

じゃあ、どんなトークがベストなのかと。

”あなたの話を聞いています”アピール

気になるあの子と何をしゃべるのか?

その内容は、人ぞれぞれです。

もちろん、勝手にすればいいと思います。

”つかみ”から”オチ”まで、徹底的に計画を立てるのもありだと思います。

しかしながら、本来であれば”自然と”盛り上がることが理想です。

一生懸命に自分のいいところをアピールする男

完璧な話術を駆使していると自負してそうな男

どう考えても、印象がよくありません。

むしろ、かなり気持ち悪いです。

自分の話しかしない人間は、男女に関係なくあまり好かれませんね。

一般的に、「聞き上手がモテる」みたいな定説があります。

ある程度事実です。

しかし、ただニコニコ話を聞いているのもアホっぽいです。

そもそも、ただ話を聞いてもらうだけなら、あなたでなくてもいいのです。

「この人に聞いてもらうと気持ちいいな」

と、思ってもらえる人間であることが必要です。

秘儀「オウム返し」

聞き上手な印象を与えつつ、その効果を最大限に高める超単純な方法があります。

バカみたいに単純で、信じられない程効果があります。

<オウム返し>です。

例として、

こんな会話は実際には存在しないと思いますが・・・

「わたし、今日ランチにオムライスを食べたの」

「へーどこで?」

ではなく、

「わたし、今日ランチにオムライスを食べたの」

「へーオムライス食べたんだ、どこで食べたの?」

という、オウム返しを”付けたし”てみましょう。

たった、これだけです。

そもそもが、返答自体がいちいち評価されない会話です。

その「どうでもいい返答」を「ちょっと気持ちいい返答」に変えるのです。

この蓄積によって、徐々に印象がよくなっていきます。

もちろん、しつこく毎回繰り返すのは不自然です。

それだけで?と、信じられないよ、気味が悪いこと言うなよ、と思う方もいるでしょう。

意識すると、ちょっといやらしいですよね。

でも、これだけです。

”何気ない心地よさ”の繰り返しが、無意識に「いい人だな」として記憶されます。

これは「幼児教育」の際、有効な手段としてで知られています。

喋り始めの子供が発した言葉に対して、そのまま同じ言葉を繰り返してあげることで、情緒の成長にメリットがあるとされています。

オウム返しすることで、

「この人は自分の言ったことをちゃんと聞いてくれている」

という、何よりの確信につながります。

その結果、

「なんかこの人といると気持ちいい」

となるのです。

「占い師」がその人にとって(都合の)いいことを言うのと同じです。

なんか気持ちよくなるから、お話しよう。

という気にさせて、メリット(金とか性とか)を享受します。

相手は大人だよ

昨今のナンパ界隈では「ミラーリング」という、なかなか気味の悪いものが流行っているようです。

ミラーリングとは、その名の通り相手の振る舞いを模倣することです。

相手と同じ行動をすることで自然と親近感を沸かせ、だんだん自分のことが好きになってもらえる。

らしいです。

そんなわけないです。

どう考えても不自然なんですよ。

どこかで気づかれます。

おちょくってるの?と。

あと、このテクニック自体を知っている女性も多いです。

「この人、マジでやってる・・・」ってなります。

笑い話にしている女性に、何人か会ったことあります。

やめた方がいいです。

それよりは、単純な会話で評価されるようになりましょう。

その際、オウム返しの言い回しはうまく工夫しましょう。

相手は赤ちゃんではなく大人です。

不自然な文章はバレます。

しつこいと、気味悪く思われます。

「君は悪くないよ」みたいな言葉に発展させることで、より効果があることもあります。

どこから好かれるのか、どこまで好かれるのか、うまく判断しましょう。