【世の中の普通の女性はどんな男性が好みなのか?】できるだけたくさんの女性に効率的にモテるようになるのための考え方

かっこいい

誠実

できれば両方

「好みの男性」について聞かれた際、一般的な女性の答えはおおよそこうなります。

これは男性に置き換えた際にも同じであり、

美人

優しい

できれば両方

と、要は「外見」と「内面」がいいに越したことはないということです。

当たり前の、なんの不思議もない「THE無難な答え」です。

とは言え、人の好みというのは人ぞれぞれであり、”正統派”も細かい部分に違いがあります。

また、いわゆる「ブス専」や「デブ専」といった極端に真逆な人もいたりします。

芸能人なら○○とか、二重はマスト、身長、バスト、髪型・・・

これが特定の女性を狙っている男性の場合であれば、
「その女性の好み」を知り、それに近づいていくことが大切になります。

一方で、こと”モテ”を求めている男性は、

「できるだけ多くの女性にウける男性像」

になることが必要であり、異性を引き付けるより根本的な魅力の強化が必要です。

「ぜんぜんモテなくてとにかく女性受するようになりたい」

「言い寄って来る女性がたくさんいたらいいのになー」

といった男性も同じことです。

意外と「見た目」や「性格」で決めていない

冒頭で挙げた、「見た目・内面がベターな男」というのは一般的な女性が最終的に導き出した答えです。

そこに行きつくまでには、いろいろな男を好きになり、付き合ったり、諦めたりした歴史があります。

その結果、「どうでもいい無難な答え」に行きついています。

”明確な好み”なんか、「そもそもそんなものはない」という女性が実は多いのです。

それは、「どれを選んでも大して違いがない」ということに気づくからです。

気づいたら、”こだわり”というのは特になくなっているのです。

昔ならあえて選ばなかった相手でも、タイミングによって結婚しちゃったりします。

そんなもんです。

それが、大人になるということなのかもしれませんね。

「好みは特にない」という女性も多い

そもそも、最初から”好み”なんかない女性も多いです。

もちろん、「不潔で貧乏なデブは嫌」といった最低レベルの条件はあるかもしれません。

しかし、

「一定のレベル以上であれば、大体同じに思える」

という女性は、かなり多いのです。

基本的なこととして、女性の性欲というのはかなり個人差があるものです。

そして、不安定です。

それは「男性に対する興味」といったレベルから異なります。

昨今では、それが更に加速している感もあります。

「彼女がいない男」が増えていることばかり注目される世の中ですが・・・

その分、当然「彼氏がいない女」も増えています。

草食化だーたんぱくだー

などと言われがちですが、恋愛・結婚の価値が低くなったことも事実です。

「見えない強制力」のようなものも、薄れています。

過去の成婚率や出生率が高かったのは、「世間の目」や「お見合い」のおかげです。

おかげ様で、さえない、ださい男でも、なんだかんだ結婚できました。

給料3か月分の結婚指輪を買えばいい

ローンでマイホームを買う幸せ

みんなと同じようにするべき。

「欲しくもないものを必要だと思わせる」

というのは、宣伝や広告における根本的な戦略です。

「トレンディドラマ」による、「恋愛は素晴らしい」という洗脳もしやすい時代でした。

その結果として、

「よく考えたらどうでもいい男と妥協して結婚した女」

というのは、けっこう多いです。

そういった女性というのは、

「私の人生はこれでよかったのかしら?」

と、不倫しちゃったりすることになります。

大げさですが、このへんの考え方がカギになります。

「好み」という幻を作ってあげる

世の中の全ての女性をものにするのは現実的ではありませんが、
出会った女性の多くに魅力的だと思われる、少なくとも”アリな男”と思われること。

相手に好かれるためには、

その相手が求めている男性像になる

という当たり前のことが必要です。

つまり、確率論で考えて、とにかく多くの女性を振り向かせたいのであれば
「多くの女性が求める平均的な男」になることが、まずは必要なことになりそうです。

一方で「いろいろな女性によく思わる」と考えると、なかなか難しそうに思えます。

1人の女性に振り向いてもらいたいのであれば、その女性に特化すればいいだけです。

それを、いろいろな女性それぞれに合わせたいとなると・・・

少なくとも、

軽率で節操がない人間になること

が必要です。

とはいえ、これは「ヒドイ話」ではありません。

世の中の人も、けっこう軽率で節操がないものです。

神社で七五三やって

教会で結婚式挙げて

お寺に埋められておしまいです。

生まれてから死ぬまで”軽率なのが当たり前の”となっている状況です。

繰り返しになりますが、明確な好みがある女性なんか少ないのです。

軸がない人間が、ほとんどなのです。

そして、曖昧なものは変えることができます。

女性に気に入ってもらう過程というのは、「催眠術」と同じです。

気持ち悪い表現ですが、

「私はこの人を好きになるべきだ」

とか、

「この人を好きになる理由がある」

「私はこの人が必要だ」

と、相手の女性に思わせることが大切です。

<錯覚>させるのです。

上記したように、

簡単に集団洗脳されて結婚してたカップルが山ほどいる

という、過去の確かな実績があります。

それを狭い範囲で、自分の手の届く範囲でやればいいだけなのです。

相手によって、パターンを変えることができること。

パターンを増やしていくことで、手に入れられる女性の範囲が広がっていきます。

シチュエーションが整っているほどに楽になる

長くなってしまうので、ここでは単純パターンを1つだけ紹介します。

「その人といると気分がよくなる」

本当だとしても錯覚だとしても、好かれるためには大きなポイントです。

「相手にとって気持ちのいい存在になる」

ただそれだけですが、

「相手がどんなことになぜポジティブな感情を抱くのか?」

ということを、早めに感じ取ることが大切です。

これはモテるためにも、楽に生きるためにも必要な能力です。

褒める

説教する

この真逆と言える行動も、人によってどちらが好きなのか違います。

気持ちよくなる加減やバランスも、人によって異なります。

「先生と生徒」というのは、昔から”つながりやすい”典型的な関係です。

「師弟関係」というのは、飴と鞭が使いやすい最高のシチュエーションです。

そもそも優位性が全く違います。

ある意味”ズル”です。

そもそも錯覚が起こりやすい状況です。

「この人といると、成長できる」

その人は”先生”なので、成長できるのは当たり前の話なのです。

でも、それが”好き”につながってしまう女性が一定の割合でいます。

更に、

「君は君自身が分かっていないこんな才能があるよ」

みたいなことを言ってくれる人は、人間にとって貴重です。

だから、”本当の自分”みたいなものを見つけてくれた相手は特別な存在になりがちです。

しかしながら、それも先生からすれば繰り返してきた”業務”に過ぎません。

当たり前のことでも、なぜか”特別感”を感じてしまうのです。

自分にとって簡単で当たり前のことを相手が評価する状況

に相手を持っていく、そこで出会うことは有利に進める一歩です。

世の中全部の女性を手に入れるのは無理なので

自分が得意な舞台に入ってくる女性だけとターゲットにする

という考えに変えることも、効率的にモテるために大切なことです。

ちなみに、「若い女性が好きだから教師になる」という男性は少なくありません。

怖い世の中です。

性欲のために、人生をかける人間がこの世にはたくさんいます。

負けないように、頑張りましょう。