【SNS婚カップルの時代】ネットで出会った女性を現実で口説き落とすために最低限必要なこと

インターネットで出会う

ということが、全く珍しくない時代です。

各種SNS

ゲーム

交流サイト

掲示板

いくらでもあります。

”出会い系以外で”という注釈が必要でしょうか?

しかし、昨今は「出会い系」でさえも「マッチングアプリ」と名前を変えて、意外と真面目に交際相手を探している女性はいるのです。

ネット上で出会った男女が結ばれる

という現象は、すでに何年も前から繰り返し起こりまくっています。

つまり、”あり得る”ということです。

そもそも現実の世界よりも、無限の可能性があります。

実際に、インターネットとは”時空を超える”ことが可能になる媒体です。

そして、それは男女関係においても言えることなのです。

とはいえ、”うまくいくか”ということは、もちろん自分次第です。

チャンスは多くマイナスが少なく”もってこい”の世界

まず最初に、男女関係を築くうえで不可欠と言える<出会い>に関しては、ネットの世界というのは現実の世界に比べて圧倒的なチャンスがあると言えます。

「出会いがない」と嘆いている人は、進路をインターネットに向けるべきかもしれません。

むしろ、”インターネットなら”うまくいく可能性があります。

これには、いろいろな意味が含まれます。

現実の世界で異性に相手にされない人でも、インターネットなら相手にされる可能性があるということです。

まず、時空を超えることができるため、圧倒的に”機会”が増えます。

更に重要なことは、”マイナス”な情報を相手に与えるリスクが少ないです。

”見た目”とか。

”振る舞い”とか。

”雰囲気”とか。

魅力が全くない人でも、魅力がありあまる人と、大差ないスタートが切れるのです。

たとえ、現実の世界で圧倒的に差を付けられいても・・・

だからといって、”プラス”が増えるわけでもありません。

ネットの世界では、ネットの世界なりの”モテしぐさ”が必要です。

今回はネットの世界の中でうまくいったとして、現実の世界に誘い出せた後、最低限注意すべきポイントをピックアップします。

※「お互いにヤリモク」とかではなく、真面目な出会いを想定しています。

特別な振る舞いをする必要はない

現実の世界でうまく行かない奴がインターネットでうまくいくのか?

という意見もあるでしょう。

これに関しては、どちらとも言えます。

話下手の人であっても、ネットを介せば、また趣味の話ならイケる人もいます。

いずれにしても、頑張るしかありません。

現実でダメなのであれば、せめてネットで。

ただし、その後の展開として”現実世界で出会った”場合とは異なるものになるはずです。

インターネットで出会って

現実世界で会ってくれる

という人は、おそらくちょっと変わっています。

比較的優しい女性であり、それほど男性に求めるものは多くないと考えられます。

ネットで意気投合するということは、多くが”趣味が合う”ことで盛り上がったはずです。

見た目

雰囲気

というのは、おそらくそれほど気にしません。

オラオラ

口説き上手

といった、”男性らしさ”を求めていないことも多いはずです。

誠実に、真面目に接することを心がけましょう。

無理してイキがる必要はありません。

与えていた印象を崩さない

大切なことは「インターネットの時と同じ人」として存在することです。

相手は、何も特別なことは求めていないのです。

趣味の話で盛り上がったのであれば、趣味の話を。

悩み事を共有していたのであれば、続きの話を。

インターネットの中で起きていたことを、何も変えずに現実で実践すればOKです。

いいところを見せよう

自分の魅力を表現しちゃおう

そんなことは、しなくていい、むしろしない方がいいのです。

現実の世界でモテない人は、特に注意して欲しいと思います。

慣れていないのにイキがると、必ずスベります。

スタートに過ぎないことを心得ておく

インターネットの世界では、「アイコン」や「アバター」で自分を表すことも多いです。

ネット上の出会い、そこから発展させることを考えた際には

「見たこともない人」を好きになるのか?

ということは、まず思い浮かぶ心配事ことだと思います。

しかし、ちょっと待ってくださいよ。

そもそも、そんなに好きになってはいないんですよ。

そこを、勘違いしてはいけません。

ネットの世界から現実世界に引きずり出せたことは、プラスです。

でも、まだその時点では

「多少の好意」や「嫌いではない」と

「会ってみてもいいかな」程度なんですよ。

そこまで、お互い知り合っていないはずです。

「ただの出会い」に過ぎません。

インターネットというワンクッションを置いただけに過ぎません。

とはいえ、出会えたことにも変わりありません。

ここからが、本当のスタートです。

会う前に写真を交換した方がいいのか?

「会う前に一度見ておきたい」

「姿を知っておきたい」

ということは、男女共にあるはずです。

これは、どちらでもいいと思います。

もし相手の女性が「イケメン」を探していた場合、そして自分がイケメンではなかった際・・・「見た目でNG」という無駄で悲しい事態を避けることはできます。

お互いに、遠くから撮った「雰囲気は分かる写真」でも交換しておくのが無難でしょうか。

基本的に”ギャップ”はアウト

繰り返しになりますが、

ネットで出会って現実の世界で会う

というイベントが発生した際には、”いつも通り”を心がけましょう。

「必要のないギャップ」が、台無しにしてしまう最大のリスクです。

”錯覚”や”楽観的妄想”を、崩さないようにしましょう。

とにかく、相手の理想像を演じることを心がけましょう。

お互いのことなんて、まだまだ全然分からない状態です。

そもそも、魔法は解けることを前提に。

お友達感覚で、お話だけでもできれば幸いじゃないですか。