年上と年下の女性はどちらにアプローチする方が付き合える確率が高いのか?

ケースバイケースです。

もちろん。

とはいえ、確率的にいい方を選んでいきたい人もいるでしょう。

割合を考えれば、基本的には「年下」を選ぶべきです。

世の中のカップル・夫婦というのは、基本的に男性の方が年上です。

年下よりも年上を好む女性が多いのは明白です。

とはいえ、それは”一般的な”例です。

モテない人は、別の行動をとった方がいい場合もあります。

一般的な考えや行動を鑑みながら、別の道も模索していきましょう。

基本的には”年下”を狙うべき

女性というのは、「後輩」よりも「先輩」を好む傾向があります。

割合として、これは明らかですね。

「頼りがいがある」というのは、男性を選ぶ際の基準の1つになることですが、年上の方が”頼りがいがありそう”と思ってしまうものです。

もちろん、勘違いの場合もあります。

つまり、雰囲気で選んでいるということです。

普通に考えれば、年長者・経験者の方が賢くて当たり前です。

しかし、社会に出てみれば”そんなこともない例がある”ということはしょっちゅうです。

それでも、やはり「頼りがいのある後輩」より「普通の先輩」の方が有利です。

この辺の錯覚というのは、なかなか矯正できないようです。

つまり、ダメな人こそ、年下の女性を狙う方が確率が高いということです。

自分自身に対して「普通だなー」と思うのであれば、なおさらのことです。

年上を狙うべき場合

「年下の男が好き」

という女性の中に、若い女性というのは基本的にいません。

全てとは言いませんが・・・

若い時期から年下を好む女性というのは、ちょっと問題があります。

おそらく、いろいろと未熟な傾向があります。

普通は、年上が好きなのです。

もちろん、年下を好む女性全員がおかしいわけではありません。

いろいろと経験した結果・・・「年下もいいわね」となるのです。

つまり、「ちゃんとしている年下好き」というのは、ある程度お年を召しています。

また、年下の男を好む女性というのは基本的に世話好きです。

若い頃うまくいかなかった

異性とうまくいった経験がない

にもかかわらず、母性本能はしっかりある。

母性本能がありあまっている分、若い男に注ぐ傾向があります。

そういった女性に絞るのも、1つの有効な手段です。

【「母性本能」はどのくらいくすぐるべきなのか?】精神年齢が低い幼稚な男性がモテる理由-「ダメな男が好きな女」を利用する限度-

長い年の差を補うことはできるのか?

このサイトをご覧になっている方というのは、20~40歳くらいの方が多いと思います。

40歳以上の方がいらっしゃるのはありがたいですが・・・ちょっとヤバいですね。

頑張りましょう。

そういった方が抱えるリスクの中に、「理想が高すぎる」というものがあります。

特に「一発逆転歳の差婚」といったものを狙ってしまったり・・・

加えて、もともと「どうしても若い子がいい!」という方もいると思います。

加齢に伴って、若い方とのジェネレーションギャップは広がります。

また、あまりにも年上の男性を好きになる女性は少ないです。

歳の差は一回りまで

お父さんより下ならいい

といったことを言う女性もいますが、あくまで”許容量”の話です。

基本的には、”あまりにも離れている”のは避けられます。

もちろん、「超年の差カップル」といったケースは存在します。

しかし、よっぽど稀なのです。

芸能人とかだと、特に騒がれますね。

”稀だから”騒がれるのです。

外国人女性がおじいさんと結婚したりする例もあります。

言うまでもなく、お金のためです。

女性であってもお金が稼ぎやすい日本では、起きることが少ない典型的な例です。

和歌山かどこかで、ドンファンがどうのこうと、大きな事件もありましたね。

一時期騒がれましたが、外国だとよくあるケースです。

基本的には、”なにか”あります。

自分の年齢によって変わって来る要素も

とはいえ・・・

たとえおじさんであっても、年下を狙う方が確率は高いです。

「女性は年上が好き」という、セオリーに何より当てはまるためです。

おじさんが若い子を狙うのは気持ちが悪いと思われるかもしれません。

また、「無理だよ」と。

諦める必要がないじゃないですか。

「おじさん好き」はけっこういます。

且つ、年上の女性に関してもハードルは下がりっています。

おじさんより年上ということは、少なくともおばさんになっています。

あまりに若い男はいけない

年上だとおじいさんになってしまう

「丁度いいのはおじさん」という時期です。

実は、おじさんが一番可能性を秘めている可能性もあるのです。