「悪い男はモテる」というのは本当なのか?-不誠実な男性に女性が惹かれてしまう理由とは-

結論から言えば、モテます。

「寄って来る女の属性」を気にしなければ、1つの有効な手段です。

ワルはモテる

ということを、なんとなく肌感覚として知っている方は多いと思います。

ワルは女に困らない、というのはある程度事実です。

実際に、「悪い男」はモテます。

とはいえ、一言で”わる”と言っても様々です。

万引きとかしてた奴

校舎の裏でタバコをふかしつつ肺に煙を入れてなかった奴

暴走族

元ヤン

ヤ〇ザ

犯罪者

アルファード

いろいろいます。

そして、このどれもが

真面目に生きている人間よりもモテやすい

ということが現実です。

とはいえ・・・

もちろん、ワルであることを魅力にしてモテるのは諸刃の剣でもあります。

野性的な女性はどうしてもワルに惚れてしまうから

女性というのは、

根本的に支配されるのが好きなので、

「オラオラしてる男」というのは、基本的にモテます。

こんなことを世間で言うと、すごく怒られます。

一般的な女性、まともな育ちの女性というは、この事実を認めません。

つまり、まともに育てられてしまうとワルに対する評価も低くなります。

厳しい親の反動でワルと駆け落ちする女性

というのもいるかもしれませんが、根がまじめだと長続きはしません。

どこかで、その男に覚める瞬間が来ます。

一方で、野性的な、おバカな女性というのは、根っからオラオラが大好きです。

簡単に想像できますね。

男からすれば、どっちの女がいいのか

生物的には、どちらが優れているのか

難しい問題であり、女性の社会進出と出生率に関係する壮大なテーマでもあります・・・

「ワルが好きな女性」にはモテるが

「ワルが好きな女」は常に一定の割合で存在し、ワルには”一定の需要”があります。

だから、どんなワルにもチャンスがあります。

チビでもバカでも、ワルというだけで、女性が寄ってきたりします。

ただし、それは若い時だけです。

「ワルだった奴」というのは、年をとるにつれ衰退していく。

これもまた事実です。

ずっとそのままのヤツはお話にならず

まともな道を行こうとしても、そこに最初からいる人達には認めてもらえなかったり

「後輩だけに威張る人生を続けるしかなくなる人」というのは実際に多いです。

それでもなぜわざわざそんなワルを好きになるのか?

答えはありません。

「そういう女性がいる」という事実だけです。

ただし、ワルが好きな女性に特化してしまった場合
まともな女性には相手にされなくなる、ということを覚悟する必要があります。

いつかは卒業しなければならない

「いい年して中途半端に悪い男」というのは、かなり残念です。

「夫やパパがワル」という状況を受け入れてくる世間は少ないです。

なので、ワルとして生きるなら徹底的に、そしてワルが理解される、評価される場所に身を置く必要があります。

その他の中途半端なワルというのは、どこかで卒業しなければなりません。

一方、<入学>してくる人もいるので世の中は分からないものです。

一時期、「ちょい悪オヤジ」というのが流行りました。

冷静に考えれば、「いい年してワル」というのはけっこう恥ずかしいことです。

まともな女性であれば、「ちょっと悪そうなおじさん」なんか相手にしないはずなのです。

つまり、「バカ女にちやほやされたい男性」に向けたブームだったわけです。

「あくまで、雰囲気の話だよ」という意見もあるかもしれませんが・・・

「悪そうな雰囲気を魅力的に思う」ということ自体が、ちょっと・・・

とはいえ、そういったオヤジに惚れる女性もいます。

意外と女性の方がぶれません。

野性的な女性は、ずっと野性的だったりします。

いくつになっても、「そういう層」を狙うのはモテの鉄板なのかもしれませんね。

「本当のワル」になればもっといい思いができるかも

ワルには様々な種類がいますが、一番うまくやっているのは

「表に出さないでずっと悪い人」

です。

その辺のワルとはちょっと格が違うような、根本的なワルです。

これは”性格”や”法律”といったことを含めて、
”本当のワル”というのは、女性にも経済的にも恵まれていることが多いです。

「社長にはサイコパスが多い」という話を聞いたことがある人もいるはずです。

モラルがないほど、ルールを守らないほど、他人よりいい思いができる世の中です。

自己愛性パーソナリティ障害

反社会性パーソナリティ障害

と診断されるような、極端な人ならなおさら。

女性を操るのもうまいです。

罪悪感もありません。

もちろん、なろうとしてなれるようなものでもありません。

ただし、モテたいのであれば参考にすべき部分も多いのです。

「いい人より」も「悪い人」の方が有利なのは当たり前

このページでさんざんバカにしてしまった”野性的な女”という存在ですが、
女性が持つ本能的な部分というのは、モテにとって重要な要素でもあります。

賢い女性でも、だからこそ、冷静な判断ができなくなることがあります。

「あんな男やめときなよ」

そう言われるような恋に酔い、ますますその男から離れられなくなっていく女性がいます。

本当にその男が好きな場合もありますが、大抵はその状況に酔っています。

酔わされています。

そんな状況に酔う女だから酔わせて、

お友達に「やめときなよ」と言われること、

それでもやめないこと、

余計に燃えることを計算して、酔わせる男性がいます。

真面目な女というのは、基本的に我慢が好きです。

多くの人間が我慢を評価される教育を受けているので、
その中でも優秀な人間というのは、我慢することが評価につながると考えます。

相手の属性によって、そういった特徴を利用するのも1つの手段です。

誠実な男性には、そこまですることはできないと思います。

考えもしない、考えたくないことなのかもしれません。

「やめときな」と言われるということは、客観的に見て”あまりよくない”男性なのでしょう。

でも、1人の女性を操ることはできるのです。

操りやすい、操られやすい女性を見つけるのも、モテの鉄板です。

普通の女性は、不誠実な男性よりも誠実な男性が好きです。

しかし、優しい男性よりもモラルのない男性の方がモテることがあります。

女性の判断能力が低い場合には特に。

そして、判断能力が高い女性というのは、意外に少ないものです。

こんなことを言うと、世間に怒られます。

繰り返しになりますが、ワルがモテるのは、ワルを好きになる女性がいるからです。

そういった女性と付き合ったり、結婚すると大変な面も多いです。

それも人生。

湘南でタオル振り回してれば、ヤらせてくれる女性が現れます。

冗談であり、冗談ではありません。

カフェでマックブックを開いているよりは、よっぽど可能性が高いはずです。