【自分はなぜモテたいのにモテないのか?】女性と縁がない理由について逃げずにまずは自分と向き合って整理しよう

男性にとって、”モテ”というのは永遠のテーマです。

もう、なんでもでもいいから彼女が欲しい。

多少モテるけど、もっとモテたい。

たとえパートナーがいたとしても、「もう1人欲しい」と考える人もいます。

少なくとも、

「モテたい」

と一度も考えたことがない男性はいないはずです。

そして、「願望」というのは「悩み」を作るものでもあります。

望みがかなわないことは、苦しいものです。

モテたい、けどモテない。

悩みというのは、

あきらめる

解決する

このどちらかを選択しないことには、解放されることはありません。

どちらがいいかは、明白です。

「もう、いいや」となってしまったら試合終了です。

モテるように、なりましょう。

「モテない理由」を一度ちゃんと考えよう

今回は、まず

全然モテなくて悩んでいる

というケースを想定して考えていきます。

もちろん、その”深刻さ”は人それぞれですが
インターネットで「モテる方法」を検索している場合には、そこそこ深刻です。

なぜなら、「なぜモテないのか?」を自分で把握できていない証拠だからです。

人に聞いちゃっているのです。

「そういうところ」なのです。

なぜ、自分でわからないのか、あえて人の意見を調べるのか・・・

それは、

自分と向き合う

ということができていないからである、と考えられます。

自分から逃げる。

そもそも、そんな人はモテるはずがありません。

問題を解決するためには、その原因を知ることが重要です。

なぜ自分は「モテない男」なのか?

まずは自分と向き合って、しっかり整理してみましょう。

これは、「真のモテ男」になるために避けては通れない道です。

「モテる理由」を知ることも大切

モテるようになるためには、”モテない理由”を知ることと同時に
「モテている人の行動」からも、学んでいくことが必要です。

「女性をものにした男」というのは、いくらでもいます。

「子だくさんヤンキー」を見れば明らかです。

ブサイクハゲでも、「金」があれば愛人を囲うことができます。

”子だくさんヤンキー”や、”愛人がたくさんいる成金”を聞いて
バカにしてしまった、見下している人もいるかもしれません。

そういうところも、モテない理由かもしれませんね。

こういった人達から学ぶことも、実はたくさんあるのです。

「女がいる男」からも、目をそらさずに吸収していきましょう。

嫉妬するのは最悪です。

「そういうところ」なのです。

人は人、自分は自分。

童貞だとしたら、”まずはひとり”でいいじゃないですか。

モテないことを悩まない

モテなくて悩んでいる方というのは、真面目な人が多いのかもしれません。

しかしながら、

モテないよー

どうしよー

そんな悩みを抱えている人間が、モテるわけありません。

モテない事実があるとしても、そんな”風”には見せないようにしましょう。

また「女性と仲良くなることは自分には難しい」と考える必要はありません。

障害未婚率の上昇

彼女彼氏はいらない若者

といったワードを、SNS等で目にすることが増えました。

女性と仲良くなること、パートナーを作ることに関して
難易度が上がっているように思えることもあるかもしれません。

でも、実現している人は存在するのです。

人ができることは、自分もできると考えましょう。

このサイトでは、様々な「モテ男」から聞いた話は随時発信していきます。